定型文を練習しすぎた結果生まれたおもしろ英会話

英語を話せるようになるためにはとにかく練習!が必要ですが、その中でも定型文を覚えてしまうくらい繰り返し口に出すのはとても効果的だと思います。

実際、英語を全然話せなかった主人は音読パッケージや瞬間英作文を擦り切れるほど練習し、Youtubeやポッドキャストから定型文練習用の教材を見つけてきては毎日のように練習し、という練習に練習を重ねた結果、今ではラボメンバーと普通にコミュニケーションが取れるようになったり、日常生活でも私の出る幕がなくなってきました。

Related
音読パッケージ・瞬間英作文
音読パッケージを試してみた主人の感想
コロナでアメリカに戻れず日本にいた間中、英語の練習のために主人が毎日「音読パッケージ」を音読するようになりました。 「音読パッケージ」とは 「音読パッケージ」とは森沢...more  
英語メモ

定型文を繰り返し練習することで英語で考える回路ができたり、英語の言い回しが自然と身についたりしたのだと思うのですが、先日、定型文を練習しすぎたが故におもしろ珍会話が生まれたそうです

その状況を想像すると、主人と一緒に笑いが堪え切れないくらい今でも笑ってしまいます。この面白さ、伝わると良いのですが・・・ぜひ、場面を想像しながら読み進めてください。

ある日の珍会話

boy_smile
主人

Hi, how are you?

受付の人

Good, how are you?

boy_smile
主人

I'm good, how are you?

受付の人

hahaha, I'm good, thank you.

伝わりますでしょうか。笑

主人は "how are you?" の無限ループを始めようとしてしまいました。相手の方は、大学の事務の人。毎週受付のところで挨拶を交わす程度なので、まさか2回目の "how are you?" を聞かれるとは思ってなかったと思います。さぞびっくりしたことでしょう。笑

2回目の "How are you?"

挨拶ではなくて本当に相手の状況を聞きたいときなどは、"How are you doing?" とか "How have you been up to?" のようなことをもう一度聞くこともあります。ただ、今回の会話にはそういう意図はありません。

そもそも

そもそも何で主人は2回目の "how are you?" を言ってしまったのか。

本人曰く、"Hi, how are you?" "I'm good, how are you?" というやりとりを定型文で練習しまくっていたことで、今回 "how are you?" と聞かれた時に定型分のまま "I'm good, how are you?" が口から出てしまったそうです。

定型文を練習するとこんなこともあるのか、と、話を聞いた当日は面白すぎてお互いに笑いが止まりませんでした。アメリカ生活の思い出の一コマになりました。

中学レベルの英文テキストで、音読、リピーティング、シャドーイングをすべてトレーニング。初級から初中級の学習者に最適のテキスト。音読する英文の音声データが収録されたCD2枚付き。(注意:電子書籍版には音声データはついていません)
中学で習うレベルの文型で簡単な英語をスピーディに、大量に声に出して作文。簡単な英文さえ反射的には口から出てこない、相手の話す英語は大体わかるのに自分が話すほうはからきしダメ、という行き詰まりを打破するのにとても効果的なトレーニング方法。(注意:電子書籍版には音声データはついていません)
\ Share /

Leave a Comment