"She eyeballed it." ってどういう意味!?

子猫を保護した関係で、保護猫団体とぽちぽちやり取りをしています。

その中で、最近とても感動した表現があります!

こちらは実際のやりとり。

ピンクで色をつけたところが、私の感動した部分です。英語だけ読んでいて、意味がとれますか??

(灰色で名前を隠しているので、英文自体が読みにくいかもしれません・・・灰色はほとんどが人か猫の名前です。)

文脈は、

Aさん「猫ちゃんは何歳くらいってことになった?」

Bさん「Cさん(獣医)がサイズを見てだいたい4ヶ月って。彼女は eyeball した。」

という感じ。

私は最初読んだ時、"She eyeballed it" って何・・・!?と、文脈を考えても意味が全くわかりませんでした。eyeball って「目ん玉」ってことだよね・・・彼女は目ん玉した??どゆこと??笑

少しググってみても、なかなかこの文脈に該当するようなものを見つけられず。

eyeball の意味

何回か調べてようやく納得したのが、「目分量で決める」とか、目で見てだいたいこんな感じかな、という意味。

なるほどなるほど、獣医さんが目分量で子猫ちゃんの年齢を予想したのね。

それにしても、使う言語や文化が全然違うのに、同じような表現をするんだなー!!!と、とても感動させられたやり取りでした!!

ついでに言うと、「だいたい4ヶ月ってところにした」というところに "approximate" という単語を使っているのも勉強になりました。私だったら "she is about 4 months old" と言ってしまうかな。

be動詞じゃなくて、もっとちゃんと意味のある動詞 (power verb) を使っている、勉強になる例文でした。

approximately (おおよそ、だいたい) という単語は英語の問題文とかでもよく見るけど、動詞としても「だいたい〜〜ってことにする」ような感じで使うんですね〜

確かに、ネイティブがよくこれを使っているのを聞く気がするので、今度機会があったら私も使ってみよう。

おまけ: spay と neuter

最後に、同じやりとりの写真でオレンジで色をつけた "spay" と "neuter" についても。

こちらは、保護猫にはお馴染みの「避妊手術 (spay)」と「去勢手術 (neuter)」のこと。

保護した猫ちゃんは女の子だったので、この間無事に spay してもらいました。我が家の先住猫たちはどちらもオスなので、小さいときに獣医さんに neuter してもらいました。

まだ毎日ノミ (flea) とサナダムシ (tapeworm) 退治に忙しいので、もらってもらうまでにはまだ時間がかかりそうですが、素敵な家族に迎えてもらえる準備が着々と進んでいます。

それにしてもノミがしつこい。この戦いが終わる日は来るのか・・・

\ Share /

Leave a Comment