"Do your part."

連日コロナコロナで「コロナ疲れ」という言葉までできてしまいましたね。私もコロナの影響でアメリカに戻れず、とても歯痒い思いをしながら毎日を過ごしています。早くアメリカに戻りたい。

この記事では、私がCOVID-19の感染者数を把握するためにチェックしているサイトと、アメリカのホワイトハウスのインスタグラムで見つけた私が個人的にぐっときたスピーチを取り上げてみました。

感染者数をリアルタイムで把握できるサイト

私は毎日下記のサイトで感染者数をチェックしながら、いつアメリカに戻れるか考えています。アメリカの感染者数の増加状況では、もう半年は戻れない気がしていますが・・・。

全世界の感染者数

Johns Hopkins University COVID-19 Data

Johns Hopkins University: COVID-19 Map
「公衆衛生学といったらJohns Hopkins University」と言っても過言では無いくらいその分野で有名なアメリカの大学が集計しているデータです。全世界の感染者数をほぼリアルタイムで把握できます。危機感を煽る色合いが状況を示唆しているような気がして見る度に気が引き締まります。

アメリカの感染者数

COVID-19 in US 1Pnt3Acres

1Point3Acres: COVID-19 in US and Canada
アメリカでの感染者数を把握するために活用しています。感染者数のアップデートはほぼリアルタイムだと思います。アメリカに関して言えば上記Johns Hopkins Universityよりも数の把握が速いです。アメリカに移民した中国系の方たちが作成しているようなのですが、どこからこんなに早く情報を仕入れているのか、驚くくらい更新が速いです。

日本の感染者数

日本の感染者数は上記のJohns Hopkins Universityのサイトでチェックしているくらいです。もっと細かいデータはNHKの特設サイトが信頼性もありますし、日本で発表されている数字と同じか近い数字を確認できるのではないでしょうか。リアルタイムではないかもしれません(私は活用していません)。

さらっと見てみたところ、都道府県別の人数なども把握できるので日本の状況を把握しておくには便利そうなサイトだと感じました。

こちらの中国のサイト「新冠肺炎疫情最新动态:日本实时疫情」では割とリアルタイムな数字を確認することができそうです。私はたまにこのサイトをチェックしています。このサイトの全世界版中国を除く)も、上記の1Point3Acresが出しているサイトを見つけるまではよくチェックしていました。ご参考までに。

WE!

アメリカの「国民みんな一緒に戦っている」という意識

私がアメリカを好きな理由の一つに、アメリカ人のPatriotism(愛国心)を外に表現するところPatriotismがあることがあります。もちろん皆が皆その心を持っている訳では無いかもしれないですが、"America is the greatest country." とか "I love my country." と言うアメリカ人とたくさん出会い、自分の国に対してそうはっきりと発言できることを純粋にかっこいいな、素敵だなと思いました。家の庭や玄関先にアメリカの国旗を飾ったりしている家もたくさんあります。


また、COVID-19との戦いについて、各国首脳が国民に対してメッセージを発信していますが、その中で私が個人的にぐっと来たものがアメリカのトランプ大統領のこちらのスピーチです。

Our citizens will link together by the sheer bonds of national love loyalty and affection. There's no earthly force more powerful than the patriotic pride that stirs in our hearts and that is so true. (中略) From their pouches, they sing God bless America.(中略)with a spirit of patriotism and reminding all Americans it: we're all in this together, we fight together, and we will win together, we gotta win this.

President Donald J. Trump
45th President of the United States

(ところどころ聞き取りが違うかもしれません・・・)

「愛国心に勝るウイルス無し。アメリカのために、国ために、国民一丸となってウイルスに立ち向かおう!」という旨の発言で、アメリカ国民でも無いのに私まで「アメリカのために自分のできることをしたい!」と思えました(笑)

ホワイトハウスのこの投稿に対して中には「Patriotism won’t save lives.(愛国心は命を救うことはできない)」等の批判的なコメントも付いていて、それは確かにそうなのですが、一国民として国のために、他の国民(仲間)のためにできること(出歩かないで家にいること、不要な買い占めをしないこと等)を自分がする、という観点からPatriotismは大切だと私は思います

自分の役割を果たす: "Do your part."

Google StayHome
(Googleの検索トップ画面がはStay Homeを可愛く表現している日がありました!)

同じくホワイトハウスの投稿の中に、「自分の役割を果たそう」というアメリカの軍医のメッセージがあります。

It's important that everyone understands these next 30 days are critical. The data tell that if we really focus on staying at home, on washing our hands, on not touching our face for the next 30 days, we can flatten the curve, we can lower cases, and we can re-open our economy sooner. So America, please do your part. We're all in this together.

Dr. Jerome Adams
U.S. Surgeon General

「みんな一緒に戦っているんだ、一人一人が自分の役割を果たして一緒に頑張ろう」みたいな感じのメッセージです。

「自分にできること」なんて、手洗いをちゃんとするとか、人に近寄りすぎないとか、すごく小さく見えるけど、きっとみんながやれば大きな結果になりますよね。

2021年3月追記
だんだん、前の日常がどんなんだったか忘れてきてしまいました。マスクなしで生活していたのが信じられないです。早く、本当に普通に生活できる日が戻ってきて欲しいですね。
\ Share /

Leave a Comment