【Tax Return 2021年度】提出から5ヶ月目、Refund Statusが確認できるようになりました

アメリカ生活4年目、タックスリターンがresident扱いになるので、turbotaxというウェブサービスを使ってタックスリターンを提出しました。

これがすごく便利で、自分でいろいろ調べて手入力しなきゃいけなかった1回目、2回目のtax returnと比べたらはるかに楽でした。

turbotaxが聞いてくる質問に答えるのと、W-2という雇用主からもらう書類の情報などを入れたりしていくだけ。質問事項は多いけど、ストーリー調で、あまり難しく考えることもなく最後までできました。

turbotaxが出してくれるフォーマットをそのままtax returnに使えるので、residentでtax returnを提出する場合にはすごくすごくおすすめ。(基本的に無料)

tubotaxからそのままe-submit(電子提出)もできるけど、e-submit初回は本人確認のステップとして「電話」があり、英語での電話を主人が断固拒否したので今回はUSPSを使って郵便で提出しました。(今回夫婦一緒のjoint returnだったから、私が電話してもよかったのかも)

この記事には、郵便でtax returnをしたことで経験したいくつかのトラブル・心配事と、それが解消された経緯を書きました。

ちなみに
電話での本人確認と言っても、多分機械の応答なんじゃないかなと思うので(違ったらごめんなさい)、郵便じゃなくてe-submitをおすすめします。e-submitの方が断然tax return自体の処理や、ステータス確認のデータベースに情報が送られるのが速いらしいです。我が家も次回からは絶対にe-submitにします!

USPSがIRS事務所ではバーコードをスキャンしない問題

結論を先に言うと、今回USPSのcertified mailを使って国の税務署(IRS)とCA州の税務署に書類を提出したところ、CA州の方は無事に追跡ができて3日ほどで配達完了になった一方で、IRSに出した方は、ある一点から一向にステータスが変わりませんでした。(そしてCA州の税金は1ヶ月以内に振り込まれました)

前にも、「USPSでステータスが変わらないけど結局届いた問題」があったので、今回もちゃんと届くだろうとは思いつつ、さすがに2週間たってもステータスが変わらないので一応USPSに問い合わせ。

そしたら超長い謝罪メール(アメリカでは珍しいと思う)と、状況の説明が届きました。

I was sorry to learn that your Certified mailing to the IRS in Ogden, Utah has not posted a delivery scan update. This is not the type of service we wish to provide and I certainly understand your concern.

While a final delivery scan update may be missing, this does not mean, however, that the mailing was not delivered to the IRS. Because the zip code 84201 is a unique, “direct”  auto sorted zip code for the IRS in Ogden, UT, all mail that is run on this automated sort plan can only be directed to this Agency. Based on this information, and your mailing being processed at our Salt Lake City Sorting Facility on 3/11/2022 and sorted to an 84201 container, it is estimated that it would have been delivered to the IRS on approximately 3/12/2022.

A daily batch of 50,000-75,000 pieces of mail is delivered to the IRS dock each day and a delivered scan is not made for each individual mailing due to extreme volumes, but, rather the IRS Agent makes one signature, and one scan is made for every 500+  mail pieces that are listed on Firm Record sheets.

When a daily batch of mail is delivered to the IRS, there can be fifty plus different Firm Record Sheets to be signed and scanned. The IRS agent makes one signature on each Firm Record Sheet and the one barcode on each Firm Record sheet is then scanned delivered for the pieces of mail contained on it.

A delivered scan will never be captured and posted to a barcode if there was a failure of any operation involved in the Firm Record Sheet process, despite the mail piece having been delivered.

(中略)

We are confident your item was delivered, however, for further delivery verification, we always recommend that you check directly with the IRS. Unfortunately, the IRS in Ogden is experiencing a continued processing backlog and has been taking 8-16 weeks or more from your mailing date for internal processing and recording of a mail piece to occur. Until this happens, the IRS will have no record of your mailing.

I am truly sorry that USPS processing issues, combined with the backlog at the IRS, have created this problem and inconvenience for you this tax season.

(中略)

Again, I am very sorry for the difficulties this has caused you. I hope in future we live up to the service standard you have every right to expect from us.

Sincerely,

ようは、「IRSにはタックスリターンの時期は特に大量に郵便が来るから、郵便物のスキャンをしてない(できてない)場合がある。でも、USPSはあなたの郵便物が確実にIRSに届いている自信がある。8-16週間は待ってみて。IRSのウェブサイトでタックスリターンの状況を随時確認してみて。」って感じ。

(ちなみにこの場合、certified mailの費用$3.5?は返金してくれるらしい)

IRSのCheck My Refund Statusでステータスが確認できない問題

もうしょうがないなーーーーと思いつつ、記載通り8週間(2ヶ月)、16週間(4ヶ月)、ちょくちょくIRSの Check My Refund Statushttps://sa.www4.irs.gov/irfof/lang/en/irfofgetstatus.jsp)でステータスを確認するも、「あなたのデータはありません」的な結果しか出てこなくて、ほんとに届いているのか全然分からない状態が続いていました。

グリーンカードの審査にも響くかもしれないし、今回はかなりの額が返ってくる予定だから、ちゃんとIRSに届いてもらわないといろいろ困るのです。

ですが!提出からだいたい5ヶ月がたった今日、どうせまた何も変わってないんだろうなーと何の期待もせずステータスをチェックしてみたらなんと「Your tax return is still being processed.」というステータスに変わっていました!!

いつ、どうやってIRSに問い合わせるか

IRSのWhere's My Refund?https://www.irs.gov/refunds)というページには、どのくらいたっても税金の返金がない場合にIRSに問い合わせるべきかが書いてあります。

私たちは郵送で提出したので、paper return。6ヶ月たってもステータス確認ができなかったら、IRSに電話する予定でした。

電話番号はここには明記されていないけど、IRSの Let Us Help You というページ(https://www.irs.gov/help/telephone-assistance)の「IRS Phone Numbers and Tax Help Options」に書いてある番号(Individuals)に電話してみようかなと思っていました。

それにしても、なんでアメリカ人がtax returnでわくわくしているのかが今回はようやくわかりました。

1、2回目はJビザの納税免除だったからそもそも返ってくる税金なんてなく、ただただ書類作成が大変だっただけ(給与から税金が天引きされてる場合はIRSの分は全額返ってきます)。

でも3回目のtax returnはアメリカ人と同じ枠(resident)でのtax returnだったから、国と州合わせると$5,000弱も返ってくるので、そりゃうはうはするわけですね。

これにプラス今回は2人分のコロナ手当て(?)をもらえるのもありがたい(私もSSNがあるため)。

とりあえず今回学んだのは、e-submitできる場合は郵送じゃなくて絶対e-submitすること!!

心配ごとがひとつようやく無くなってほっとしました。

\ Share /

Leave a Comment