【語彙力アップ】言葉の引き出し作り: Divergent 第1章

ずっと読もう読もう思っていたDivergentシリーズの原作をようやく読み始め、面白いなと思った表現がたくさんあったので、各章ごとにまとめてみたくなりました。

Divergentとは

Divergentは、アメリカの小説家Veronica Rothさんのデビュー作で、2014年に映画化されています。日本では「ダイバージェント」と表記されています。


Summit Screening Room — Divergent (2014) Official Trailer - Shailene Woodley

このお話では、人間が性格によって5つの派閥のどれかに分類されます。しかし、中には適性がいくつもある人間が存在し、「ダイバージェント」と呼ばれています。

このダイバージェントは社会にとっては行動が予測できないので脅威とみなされ、見つかると抹殺されてしまいます。

主人公ベアトリスはその「ダイバージェント」で、いろいろな葛藤を抱えながら強く生きていくのですが、私も(というかきっとみんなそうですよね)ダイバージェントだな〜と思いながら見ていたので、映画にすごく惹き込まれました。

話の素晴らしさを伝えられるようなメモというよりは、新しく学んだ英語のメモになってしまいそうですが、それでも少しでも興味を持ってもらえたらとても嬉しいです!ちなみに、映画は小説の最後まではカバーしておらず、未完のまま数年経っています。ファンとしては最後まで見たい・・・。これも、小説を読みたいと思った理由の一つです。

小説は、DIVERGENTINSURGENTALLEGIANTFOUR の4冊構成です。今回紹介する DIVERGENT は全部で39章あり、この記事ではその最初の1章について書きました。

著者: Veronica Roth, 言語: 英語, 2011年出版

第1章の要約

戦争で荒廃した近未来のシカゴ。16歳になったベアトリスは、近々行われる派閥選択の儀式に参加します。

今日は、自分がどの派閥に向いているのかが分かる「適性検査」を受ける日。Erudite (博学)、Dauntless (勇敢)、Candor (誠実)、Amity (平和)、Abnegation (無欲)の中で、自分に向いている派閥が一つ選ばれます。

ベアトリスはAbnegationの家族に生まれ、16年間Abnegationとして生活してきましたが、自分のことは一切考えずに社会や他人に奉仕するAbnegationの行動規範にずっと違和感を感じてきました。

いろいろな不安や葛藤を抱えながら、ベアトリスは同い年の兄ケイレブと一緒に適性検査に向かいます。

新しく学んだ単語

単語/フレーズ文脈に合う
言い換えや類義語
意味
1stool (n)footrest腰掛け
2dull (adj) (as "in a dull, blond ring")listless, lifeless, boring艶のない、面白みのない
3in the art ofin the skill of; being good at〜に長けた、上手な
4vanity (n)arrogance, pride, affectionうぬぼれ、虚栄心
5frown (v)show displeasure; scowl, grimace眉をひそめる
6reprimand (v)admonish, lecture非難する、咎める
7jostle (v)push aside; shove, jolt押す
8dimpled cheekscheeks have natural dents; dimplesえくぼのある頬
9placid (adj)easygoing, even-tempered, gentle, peaceful穏やかな
10sway (v)swing, wave揺すぶる
11a last day maniafully enjoy the last day with enthusiasm最終日を思い切り楽しむ
12smack (v)to strike sharplyぴしゃりと打つ
13dust myself offto wipe the dust from meほこりを払う
14antagonistic (adj)hostile敵対した
15demeanor (n)attitude, presence態度、ふるまい
16hellion (n)(Informal) troublemaker, or mischievous person乱暴者、いたずらっこ
17perplex (v)puzzle, confuse, complicate困らせる
18nostril (n)external opening of the nose鼻の穴
19blare (v)to sound loudly; honk, trumpet鳴り響く、がんがん鳴る
20hurtle (v)go noisily, resoundinglyものすごい音を立てて
Using Dictionary.com & Thesaurus.com

内容について改めて知ったこと

当たり前なのですが、小説の方がずっと詳しく書かれていて、あのシーンはそういうことだったのか、と思うことがたくさんありました。

例えば、この章はベアトリスの髪を母親が丁寧に切ってあげ、最後に一瞬鏡を見せてあげるというシーンから始まるのですが、映画だけだとベアトリスのぎこちない鏡の見方が何でなんだかよく分かりませんでした。(ナレーターが説明してたかな・・・?)

Abnegationは自分のことを考えてはいけないので、鏡を見るという行為は自分のことを気に掛けることになり、行動規範に違反するってことだったんですね。このシーンは、ベアトリスが自分はAbnegationに合っていないと感じていることを表現する一つのヒントだったみたいです。

別の文章で目に留まったのが、「母は自分のことを顧みずに人に奉仕するのにすごく長けている」というような内容を表現するときに、「自分のことを顧みない」という部分を「losing herself」と表現しているところです。selfless(無欲)になって人に奉仕することが賞賛されるAbnegationにとっては当たり前の行動が、ベアトリスにとっては「自分を失くす」という堪え難さを表現していて、本当にいろいろなところにベアトリスの葛藤が散りばめられていたことを知りました。

また、章の後半では他の同級生たちが成人になる前の最後の日を熱気に満ちて過ごしている一方で、ベアトリスは不安や葛藤でいっぱいな様子で対照的に表現されているのが印象的でした。映画ではそこまで汲み取ることができなかったので、一通り読んだらまた映画を見直したいと思いました!

Divergentが見れる動画配信サービス (日本国内)

2021年5月時点では、下記動画配信サービスにてDivergentが配信されています。日本国内のみでの利用とはなるようですが、ご興味があれば、ぜひ映画版もチェックしてみてください。

尚、各サービスの配信予定は変更になる可能性があります。最新の配信状況はU-NEXT、Hulu各サイトにてご確認ください。


おすすめの書籍

Divergentシリーズ 英語版4冊セット

Divergentシリーズは面白そうだけど英語はまだちょっと・・・という方は日本語版から*訳者河合直子さんの和訳が素晴らしく、内容がすっと頭に入ってきます。

Divergent 日本語版

第2章へのリンク

Related
teddy-bear-and-books
【語彙力アップ】言葉の引き出し作り: Divergent 第2章
Divergent 第2章。ベアトリスはいよいよ自分に合う派閥を知るために適性検査を受けます。...more  
英語メモ
Reference
Roth, Veronica. (2011). Divergent. Katherine Tegan Books (HarperCollins).
\ Share /

Leave a Comment