【アメリカ生活】薬局で買えるいぼ痔用の塗り薬

2年くらい前に、アメリカでいぼ痔(多分)になりました。幸い病院には行かずに市販の軟膏で治ったものの、当時はかなり焦りました。

他の方のブログに助けられたので、私もひとつの経験談としてメモを残しておきます。

注意
この記事に書いたことは事実ではあるのですが、私は医者ではないので正しい対処法かどうかは分かりません。お早めに、お医者さんに診てもらってください。

症状

便秘がちなので、切れ痔っぽいものには何回かなったことはあったのですが、いぼ痔は初めてでした。

なんだかお尻の穴らへんがすごく痒い・・・うーんなんでだろう・・・と思っていたところ、お風呂で洗った時に何か触れるものがあり、ぎょっとしました。

調べてみると、間違いなくいぼ痔・・・

当時は「内痔核の4段階目」だと思ったのですが、今思うと「内痔核」と「外痔核」どっちだったのか分かりません。触っても痛く無いこと、痔核を中に戻そうとしても戻らないことなどから、内痔核の4段階目だ・・・と思った気がするのですが、手術しないで治ったことや、痔核が中に戻らなかったことなどを考えると、外痔核だったのかもしれません。(製薬会社やお医者さんのホームページに症状や治療法が書いてあるので、調べてみてください。)

痔核用の塗り薬

当時は、アメリカで病院は行きたくないし手術なんて怖いし、でもどうしたらいいか分からないし、うーんどうしよう。と思っていたところ、あるブログでいぼ痔を自分で治したという記事を見つけました。

確かその方は、「排泄の前後は必ず軟膏をお尻の穴に塗るようにした」というようなことを書かれていた気がします。え、それで治るの?と思いましたが、私も試してみることにしました。

Hemorrhoidal Relief Ointment

RITE AID | Hemorrhoidal relief ointment
RITE AIDのhemorrhoidal relief ointment

こちらはアメリカのRITE AIDという薬局で買った「hemorrhoidal relief ointment ()」という痔核用の塗り薬です。

  • hemorrhoidal: 痔核の
  • relief: 除去、軽減
  • ointment: 軟膏

表記によると、痛みやかゆみを抑えてくれる効能があるそうです。

値段は忘れてしまったのですが、そんなに高くなかった覚えがあります。今ネットでみてみたら$5くらいで買えそうでした。

とりあえず試してみよう、と思って朝晩ティッシュにつけて患部に塗り、便意があるときも必ず排泄前後に塗るようにしました。(排泄前に塗ると、つるっとして出やすくなり、皮膚が切れる心配が少なくなります。)内部にも塗れるように付属品があるのですが、ちょっと中に入れるのは抵抗があったので、やっていません。

塗り薬を続けてみると、2週間くらいで元通りになったように思います。

上記はRite Aidという薬局で買いましたが、他にもCVSやその他薬局で同じような軟膏の取り扱いがあると思います。または、オンラインでも購入ができそうです。

痔の予防

あれから2年くらい経ちますが、今のところ再発もしてないし、切れ痔にもなっていません。

ただ、便秘がちなのは治らないので、出るのが久しぶりすぎるときは排泄前に必ずこの軟膏を塗って切れないようにしたり、4〜5日出なかったら便秘薬を飲むようにしたりしています。(便秘薬は日本で買いだめしてきました。)

毎日ちゃんと出せる人が本当に羨ましい!

どなたかの参考になれば幸いです。(が、くれぐれもお医者さんでちゃんと診てもらってください。)

\ Share /

Leave a Comment