ペット(猫)と一緒にアメリカへ 〜搭乗手続き・準備編〜

ペット(猫)と一緒にアメリカへ 〜動物検疫編〜 でお伝えした続きで、今回は航空会社とのやり取りや、飛行機に乗せるために買ったグッズを紹介します。

Related
cat and flowers
ペット(猫)と一緒にアメリカへ 〜動物検疫編〜
日本に一時帰国中、3ヶ月頃前から実家によく顔を出すようになった野良猫ちゃんを家族に迎えました! だいたい生後7ヶ月くらいの猫ちゃんで、すくすく成長中。雑種だとは思うのです...more  
渡米準備

猫の搭乗手配

ANA_NRT

私たちはANAのマイレージを溜めているので、できるだけANAを使うようにしています。猫の搭乗登録をするために、健診や5種混合ワクチンの接種など一通り終わってからANAの問い合わせ窓口に連絡しました。

ANAの国際線の場合、オンラインではペット搭乗登録ができないので、電話での手続きになるようです。マイレージ会員はマイレージカードの裏にある番号にかけて大丈夫です。

ペット情報登録時に聞かれたこと

ANAに連絡すると、下記を聞かれました。

・ペットキャリーの縦、横、高さそれぞれの長さ (cm)
・猫とペットキャリー等の総重量 (kg)

コンテナ(檻)の3辺(縦・横・高さ)の和が292cm(115インチ)、もしくはペットとコンテナの総重量が45kg(99ポンド)を超える場合はお預かりできません。

ANAホームページ:「ペットをお連れのお客様 [国際線] 」より

猫の搭乗料金

ANAの場合、ペットをアメリカに連れて行く料金は ¥40,000 です。出国当日の搭乗手続きの際にカウンターで支払います。

マイレージクラブ会員であっても、スーパーフライヤーズ会員でも同上。マイレージ会員特典にペット搭乗の割引や料金免除制度を加えて欲しい!笑

欲を言えば、機内で一緒に過ごせる環境やサービスができたら更に嬉しい。

その他、ANAに案内されたこと

・万が一に備え、チェックインを早めに済ませられるようにカウンターに行くこと
・搭乗当日は手続きカウンターで同意書を提出すること

「同意書」は、「ANAが預かったペットが万が一死傷した場合に、それがペットの健康状態やペットキャリーに問題があった場合、ANAに責任を問いません」といった内容のものです。

ANAのホームページからダウンロードするか、当日カウンターで記入することもできるそうです。

猫を飛行機に預けるために買ったもの

猫を預けるのに最低限必要なのは上記の、「3辺の和が292cm以内のペットキャリー」です。

私たちはそれに加えてペットキャリーの扉に付けられるエサ入れ給水器をAmazonで買いました。

ペットキャリー ( プラスチック製 )

ペットキャリーを選んだ基準の一つが、上に扉があること。

獣医さんのところに行くときに布製のソフトキャリーを使っていたのですが、そのキャリーは横(トンネルの出入り口にあたるところ)にしか開けるところがなくて、キャリーがあまり好きではない猫をキャリーに入れるのに不便でした。

獣医さんのところで他の方が上からスムーズに猫を出し入れしているのを見て、絶対に上に扉があるものを買おう、と思いました。

また、預けるキャリーは布製ではだめで、底から水漏れしないものとのことなので、プラスチック製にしました。

ペットキャリー 上からの様子

体長50cmくらいのうちの猫ちゃんは、ちゃんと立った状態で少し縦に余裕がある感じです。横は全く問題なし。

今は搭乗に向けて少しでも慣れてもらおうと、ご飯はキャリーの中で(上扉は開けたまま)食べさせています。

ペットキャリーに取り付けるエサ入れ

私はオレンジ色(イエロー)を買いました!(この記事投稿時点ではこのイエローも、器自体も品切れ状態のようです)

ペットキャリーに慣れる練習

キャリーの扉に取り付ける際の留め具がひまわりの形をしていて、すごく可愛い!デザイン、色、ともにとても気に入っています。

強いて言えば、ちょっと大きいかな。Amazonの商品ページではSサイズが一緒に写っている写真があったので、探したのですが、購入当時どうしても見つけることができませんでした。

今は子猫だし、将来このサイズでもぴったりくらいに・・・なるかな!

お皿とケースが別になるので、ご飯の後は毎回お皿を外して洗っています

ペットキャリーに取り付ける給水器

お気づきかもしれませんが、この給水器、犬用です。

ANAのホームページ上に、預ける条件の一つとして「ドアの内側に適切なエサ入れの箱または皿や、給水器が付いているもの」とあったので、買わないといけないのかなと思ったのと、こういう給水器なら受け付けてもらえるのかな、と思ってこれにしました。

結果、自分から飲んでいるところはまだ見たことないですが、私が手に持って口に近づけると飲んでくれます(でもお皿に入った水の方が飲みやすそう)。

「ここから水が出る」ということ覚えてもらって、飛行機の中で脱水症状を起こさないよう練習中。

猫はもともとあまり積極的に水を飲まないみたいなので、なくても大丈夫かもしれないですが・・・。後、ANAに猫の搭乗登録をしたときに、「飛行時間は12時間を超えないので、特に給水器等は必要なさそうですね」とさらっと仰ってたので、必須ではないのかもしれません。

実際に預ける時のイメージ

ペットキャリー 中の様子

ペットキャリーにはペット用のトイレシートを底に敷き、お気に入りのクッションやミニ毛布(ひざ掛け)を入れて預ける予定です。これで飛行機の貨物室でも寒くないかな。

預けてから向こうで受け取るまでに約15時間。トイレの心配もありますが、他の方のブログを見ていてもそういう情報は見つけられず、猫の場合は我慢しちゃうのかもしれないですね。

長距離移動のストレスになんとか持ち堪えて、無事に向こうで会えますように!

参考になったら幸いです*

\ Share /

Leave a Comment