.tar.gz の中身を解凍せずに見る・解凍して取り出す

昨日の記事(.tar.gz の作り方とファイルの追加)に引き続き、今日使ったコマンドのメモ。

.tar.gz を解凍せずに中のファイルを一覧表示

.tar.gzを展開する前に、中身を確認したかったので、下記を実行。

tar -tf ファイル名.tar.gz
  • -t(または --list): アーカイブファイルの中身を一覧表示
  • -f(または--file=ARCHIVE): 「ファイル」を表示

実行すると、.tar.gzに入っているファイルがずらっと一覧表示されました。

私は今回は必要なかったけど、-vも一緒に入れてあげるとls -laのコマンドを実行した時のような、ファイルの大きさ、所有者などの詳細が一緒に出てくるよう。

.tar.gz を解凍して中身を取り出す

中身を全部一気に取り出す(解凍する)場合はこちら。

tar -xvzf ファイル名.tar.gz
  • -x(または --extract, --get): ファイルをextractする、取り出す
  • -v(または --verbose): 作業の状況を可視化。無くてもOK。
  • -z(または --gzip, --gunzip, --ungzip): .gzファイルを解凍するので-zを追加

.tar.gz から特定のファイルだけ取り出す

下記のように、.tar.gzの後にファイルの一部を正規表現で入れてあげると、欲しいファイルだけ取り出すことも。

# ファイル名に'apple'を含むファイルを取り出す
tar -xvzf ファイル名.tar.gz '*apple*'

# 拡張子が '.txt' のファイルのみ取り出す
tar -xvzf ファイル名.tar.gz '*\.txt'

以上、今日のメモでした。

Related
Computer
.tar.gz の作り方とファイルの追加
仕事で毎日コマンドたたくものの全部覚えてられないので、ほぼほぼ自分用の備忘録・学習メモです。 今日は.tar.gzファイルを作ったときに間違えたことと学んだこと、今後ために...more  
プログラミング

\ Share /

Leave a Comment